サプリと女性

安全性の確保

サプリ

天然成分と合成成分

ルテインのサプリメントを選ぶときに注目しておきたいのは、天然成分と合成成分によって安全性に差があることです。
自然の食品や植物から抽出することができる天然成分と、石油から製造された合成成分とでは、確実に前者のほうが信頼度は高いです。
なぜならば、天然成分の安全性はすでに安全性が立証されているのに対し、合成成分の安全性は立証されていないからです。
まだ、アメリカのシアトルにおいては、合成成分は喫煙習慣と結びついて、肺がんの促進につながっていると考えられた研究結果も見つかっています。
そういった点から考えると、天然成分を凝縮しているルテインのサプリメントを活用することがいかに大切なのかわかります。
天然成分のルテインサプリメントで原料になるものの代表は、マリーゴールドから抽出した成分を利用しているものです。
世界の良質なマリーゴールドを利用した製品があるため、製品紹介は必ずチェックしてからサプリメントを選ぶほうが望ましいです。

摂取量から見た安全性

ビタミンの例をはじめとして、栄養成分は必要以上に摂取し過ぎると副作用が発生するといわれることがあります。
ここでルテインに関して着目すると、体重50キログラムの人が100ミリグラムを一日に摂取したとしても問題がないと世界保健機構内のJECFAという機関によって保証されています。
一般的なルテインサプリメントにおいて摂取できる成分量は、1日あたり20~30ミリグラムであることを考えると、摂取量から見た安全性は十分確保されていると断言できます。